清酒「井乃頭」蔵元 漆戸醸造

投稿日: カテゴリー: 叶屋だより, 日本酒だより

横山から降りてきた後、今度は伊那市駅の

袂のようなところに立地する蔵元

「漆戸醸造」に。

こんなに近くにいたのにオヤジはこの日初めて

蔵の中に入りました。

この蔵は、大正時代に創業、現在では創業者の

曾孫にあたる漆戸兄弟が二人三脚で酒の製造・販売を

行っています。

外観も仕込み蔵も大正時代っぽい感じが。。。

東京農大で醸造を学び、新潟魚沼の銘醸「八海醸造」で

蔵修行をしたご兄弟の醸す酒は、綺麗な酒質と共に

伊那谷の地酒らしい穏やかな優しさが感じられます。

 

一通り蔵内を案内して下さった漆戸正彦社長から

沿革や現在の状況などのお話をお聞きしました。

酒名の「井乃頭」は東京武蔵野の井乃頭公園の

湧水に肖ったもであるということ。

また創業者の曽祖父の方は、嘗てオヤジの父親も

勤めていた箕輪町の「山岸酒店」に酒造を学んだとのこと

…などなど、初めて聞く話や興味深い話を

沢山してくださいました。

 

貴重な時間を割いてお相手して下さった

社長さん及び蔵の皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です