出頭水道浄化槽のお掃除

投稿日: カテゴリー: こんな事がありました

3年ぶりの

簡易水道の浄化槽の清掃を

利用者5件、6名で実施しました。

この水道は、公共の上水道が普及する

ずっと前からあるもので、

”出頭(デガシラ)”と云う名は、

中央アルプスの峰の一つ「将棋頭」の

伏流水であることから付けられたようです。

今では飲用には不適ながら、

生活用水として今でも何かと使っています。

(因みに叶屋では草花への水遣りと

メダカの水槽に使ってます)

 

こうやって何年かに一度、水源地の近くに

設けられた浄化槽の清掃をします。

砂利や石を全て一旦掘り出して水洗いし、

再び戻すのですが、これが結構な重労働。

作業に当たる面々も確実に年を重ねているので

以前のようなわけにはいきません。

きつい作業は交代しながら、朝8:30に始めた

作業も昼前には終えることが出来ました。

泥が堆積していた槽も見違えるように綺麗になり、

再び水源の水を引き込んだパイプからは

澄んだ水が槽を満たしていきました。

そして作業を終えたオジサンたちは

しばし達成感に満たされました。

更に、オジサンたちは

18時に再び結集し、今度はお酒と云う名の

満足感に満たされるのでありました。

メデタシメデタシ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です