朝の森に出た!マムシグサにユウレイダケ!!

投稿日: カテゴリー: アウトドア三昧, 未分類, 見たこと聞いたこと

オヤジが二日に一辺位のペースで歩く

大芝高原セラピーロード。

初夏のこの時期には必ず顔を出し、

朝の森に特異な存在感を放つ植物たち。。。

まず上の絵は、その茎が蝮の模様のように見え、

その花が蝮の頭のようにも見える「マムシグサ」。

赤松の林間に屹立しています。

そしてこれは更に神秘的な植物「銀竜草」

別名「ユウレイダケ」。

白い半透明の色合い、花のように見える部分のカタチは

名の如く竜の頭の様です。

早朝静かな森にひっそりとたたずんでいて、ユウレイと

呼ばれるのもわかる気がします。

でもこの植物が自生している場所は、

自然環境が素晴らしく良いと云われていて、

環境汚染を図る一つのバロメーターになっているみたい。

最後はこれ…

この時期には珍しいキノコの群生。

一昨日の大雨がもたらしたのでしょうか。

ハタケシメジのようにも見えますが、どうでしょう。

判る方いらっしゃったら、お教えください。

以上、朝のセラピーロードがにぎやかになってきたという

お話でした。

 

あと2週間くらいしたら、山百合が開花しそうです。

その日が楽しみなオヤジです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です